×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アネモネとは

アネモネはキンポウゲ科のアネモネ属です。園芸の分類でいえばアネモネは秋植えの球根の花です。アネモネは別名をボタンイチゲという名前が付けられていて、原産地は地中海沿岸部です。アネモネは主に庭植えや鉢植えにするのが一般的で、アネモネの花が咲く時期は、3月から4月ごろになっています。アネモネはとても綺麗な花で、早春の庭を色とりどりに飾ってくれる花で、アネモネの花は育て方がとても簡単で、球根を購入する際の価格もリーズナブルなので、場所があればアネモネを植えると花壇が華やかになる花です。アネモネはチューリップよりも早く咲く春の花でとても春らしい花です。アネモネという名前の由来はギリシャ神話の中に出てくるといわれている美しい女性アネモからつけられているそうです。アネモネの色は白や赤、薄紫や青といった様々な色が合ってとても綺麗で春らしい花です。アネモネは球根なのでとても育てやすくてガーデニング初心者にも向いている花です。

アネモネの種類

アネモネの種類について紹介したいと思います。アネモネの草丈というのは大体20センチくらいから30センチくらいになるのが一般的で、アネモネは庭植えにも最適ですし、鉢植えにしてもいい花です。アネモネの花というのは一重咲きや八重咲き、菊咲きと呼ばれる種類があります。アネモネの開花の時期である3月から4月になると、地面からつぼみが出てきて、咲く姿はとても種類的です。アネモネの色は、赤、白、紫、藍色があるといわれています。アネモネは春に咲く花ですが耐寒性に強くて暖かいところでアネモネは葉がかなり広がるといわれています。ですから、年内に葉が広がって、霜よけは必要ないそうで、寒くなってもアネモネが傷むということがないのだそうです。アネモネの種類ですがココナリア種、プランダ種、デカーンと呼ばれる三つの種類があって、一般的にアネモネと呼ばれている品種はココナリア種と呼ばれるものです。プランダ種と呼ばれるアネモネは草丈が普通のアネモネに比べると小さくて、鉢植えにしたりロックガーデン向けのアネモネです。

アネモネの育て方

アネモネの育て方について紹介したいと思います。アネモネの育て方ですが、植えつける時期というのは10月の中旬くらいから、球根の上と下を必ず確認して間違わないようにして平らになっているほうを上にして植えていきます。アネモネの球根を直接植えてしまうと雨が降った場合に吸水して、腐りやすくなる場合がありますから、アネモネの球根を植える前には、湿らせた砂の上に一日くらい置いておいてから吸水させるとアネモネの育て方が成功すると思います。アネモネを植える場所やアネモネを置く場所ですが、日当たりが悪い場所だとアネモネの花は咲きませんから、日当たりがよくて水はけのいい場所にアネモネは植えましょう。アネモネの株間ですが、アネモネの球根の深さというのは大体304センチ程度で、植えつける間隔というのは15センチくらいから20センチくらいにするのがいいといわれています。アネモネの球根はとても小さいのですがアネモネの株は広がりやすいので、あまり密植してしまうと失敗しますので注意しましょう。

Copyright © 2008 アネモネ、この花は良い♪